医院概略

祖父が現在地に眼科を開いて以来の歴史だけは古い眼科医院です。現在は白内障の日帰り手術を軸に診療をしております。 糖尿病網膜症、緑内障、角膜疾患の患者さんも多くいらっしゃいます。

コンタクトレンズは、ディスポーザブル・ソフトレンズについては当院で処方いたしますが、ハードレンズ、従来型のソフトレンズについては申し訳ありませんが近くのコンタクトレンズ診療所を紹介させていただいております。

スタッフ

スタッフは医師(院長)1名だけ、看護師2名、事務員2名、検査補助員1名の小医院です。

 

院長の自己紹介

 

 医者は良くも悪くも私1人です。
1972年に東京大学卒業後、同付属病院で研修。その後東京逓信病院、公立学校共済組合関東中央病院等に勤務の後、1985年に現在地に佐藤眼科医院を開設いたしました。

 元来は角膜疾患の治療が専門でしたが、手術をするのが好きで、現在は白内障手術を中心に一人でできる範囲の手術をしています。レーザー光凝固装置を用いた糖尿病をはじめとする網膜疾患の治療も行っております。

 日本眼科学会認定の眼科専門医。日本眼科手術学会会員、日本角膜学会会員 等。